薬剤師ドリブン

薬局薬剤師の稿本とたまに役に立つ資料

急性腎障害の分類

急性腎障害(acute kidney injyury:AKI)は薬剤を投与して数日間から数週間で急激に腎機能が低下する症候群。

AKI発症の原因により4つに分類される。

①腎前性AKI

薬剤によって腎へ流れる血液量が減少することで起こる。外来の70%は脱水や血圧低下が原因。腎臓の輸入細動脈および輸出細動脈に作用することで起こる。利尿薬、RAS阻害薬、NSAIDsなど

②腎性AKI

薬剤により腎臓自体が障害を受けて組織変化がみられる。アレルギーが起因のため予測が難しく重症化しやすい。

③腎後性AKI

腎臓から尿道までの尿路に薬剤の結晶化や石灰化によって尿路が閉塞。尿が腎臓にたまって拡張した状態になる。バラシクロビルなど

④血管障害性AKI

薬剤による血管障害により血栓性微小血管症やANCA関連血管炎が稀に発症してAKIをおこすことがある。免疫抑制薬、抗血小板薬など

 

f:id:onesky:20210518224901p:plain

今後どのように対処するか?

1.過度な血圧低下を観察し、水分を摂取してもらい脱水を防ぐ

2.バラシクロビルは必ず注意喚起する。特に尿量

3.AKIリスクの高い薬剤が併用されている場合は特に注意する