薬剤師ドリブン

薬局薬剤師の稿本とたまに役に立つ資料

【稿本】在宅療養患者の排便コントロール

便秘の客観的な評価基準として、国際的に広く用いられている「Rome Ⅳ」が有用。ブリストル便形状スケールに基づく排便アセスメント法を統一化するために「排便チェックシート」を利用し、多職種間で共有。患者宅に保管し、各職種が訪問の度に確認できるようにしたところ、排便コントロールが改善し、下剤の回数を減らすことができた。

膨潤性下剤はパーキンソン病脳卒中、脊髄損傷、腸閉塞症には禁忌。
刺激性下剤は長期連用により効果が減弱する。連用を避け、週1-3回の頓用レスキューとして用いることが望ましい。便の回数の調節に使用。
浸透圧性は便の硬さの調節に使われる。緩和で刺激性が少なく、耐性を生じにくい酸化マグネシウムが使用されるが、血清マグネシウム値の上昇に注意する。特にeGFR30ml/分/1.73m2未満で高マグネシウム血症が起こりやすいので、定期的な血清マグネシウム値のモニタリングが必要となる。

【参考資料】日経ドラッグインフォメーション2019.03