薬剤師ドリブン

薬局薬剤師の稿本とたまに役に立つ資料

【稿本】慈陰至宝湯とは?

虚弱な人の慢性の咳や痰を伴う呼吸器疾患に使われる。
肝鬱血虚脾虚、肺陰虚」証を治療する処方。

「肝」は五臓の1つで、内蔵機能と精神情緒を安定させる。「肝鬱」は肝の気が滞っている状態。

「血」は全身を滋養する作用。「血虚」は血の滋養作用が弱く、顔色が良くない、皮膚にツヤがない状態。

「脾」は五臓の1つで、消化・吸収、気・血・津液・精の生成源を作り出す。不足すると消化吸収・代謝が低下する。

「肺」は呼吸・鼻・皮膚・粘膜が含まれる。「肺陰虚」は肺の栄養が足りない状態。

配合生薬の働き

柴胡→自律神経の調整。肝気の鬱血を解く
当帰・白芍→血を補って体を強くする。(補血養血)
白朮→胃腸の働きを高め、気を補い、湿った痰をを除去
茯苓→胃腸の働きを助け、むくみを解消する
薄荷→自律神経の調整。肝気の鬱血を解く
甘草→胃腸の機能を整えて気を補う。諸薬の薬性を調整
知母→熱邪をさます
地骨皮→熱が体にこもるのを冷やし、血・体液の消耗を防ぐ
麦門冬→体液を増やして乾燥を潤す。粘っこい痰を潤して出しやすくする
貝母→肺を潤して、痰をだし、咳を鎮める
香附子→自律神経を調整し、血の流れを調え痛みを止める
陳皮→気の流れを調え、胃腸の働きを立て直し、痰の多い咳を鎮める

日経ドラッグインフォメーション2019.12