薬剤師ドリブン

薬局薬剤師の稿本とたまに役に立つ資料

【稿本】プレガバリン(リリカ®)が効かないという80歳女性

神経障害性疼痛でリリカを服用中の80歳女性の患者さん。
リリカを服用していてもなかなか痛みがおさまらないので、薬の服用も滞りがちになっている。

処方:リリカOD錠25mg 2錠 1日2回 朝・夕食後 30日分

年齢80歳 女性
クレアチニン・クリアランス:50.5mL/min

リリカの服用は有害事象に注意をしながら初期用量から開始し、維持用量、最高用量と増やしていく必要がある。維持用量になるまでは効果が少ないので、服用の脱落がないように増量の見通しをたてて説明する必要がある。

リリカの効果がない (1)

Ccr≧30-<60mL/minでのリリカ®服用量

今回の80歳女性を考察してみる。
リリカ®の用量は50mg/日はクレアチニン・クリアランス≧30-<60の1日量は初期用量よりも少ない。したがって効果がないのは、まだ効果のある薬の量を服用していなためである。有害事象をみながら薬を増やしていくという見通しを説明した。次回も処方の変更がなければトレーシングレポートを活用する必要があるだろう。

電子薬歴GooCoの雛形を作成してみる

#維持量まで継続してもらう(プレガバリン)
A 有害事象がなければ、維持量まで根気よくつづけてもらう
EP 維持量の見通しについて説明
FR 常用量:初期150mg/日(1日2回)、維持300mg/日(1日2回)、最大600mg/日(1日2回)

#腎機能に応じた投与量や投与間隔(プレガバリン)
A 腎機能の応じた投与量のため問題ない
FR 透析:初期25mg、維持25-75mg 、最大100-150mg
FR Ccr<15:25-75mg/日→初期25mg/回(1日1回)、維持25-50mg/回(1日1回)、最大75mg/日(1日1回)
FR 15<Ccr<30:25-150mg/日→初期25-50mg/回(1日1回)、維持75mg/回(1日1回)、最大75mg/回(1日2回)or150mg/回(1日1回)
FR 30<Ccr<60:75-300mg/日→初期25mg/回(1日3回)or75mg/回(1日1回)、維持50mg/回(1日3回)or75mg/日(1日2回)、最大100mg/回(1日3回)or150mg/回(1日2回)
FR 60<Ccr:150-600mg/日→初期75mg/回(1日2回)、維持150mg/回(1日2回)、最大300mg/回(1日2回)