薬剤師ドリブン

薬局薬剤師の稿本とたまに役に立つ資料

SSRIの授乳への影響は?

SSRIの母乳移行性は低い。

SSRIを介した乳児の薬物摂取量は少なく、RID(相対的乳児投与量)は10%以下と報告されている(パロキセチンで1.2%)。パロキセチンの授乳中服用に関する研究は多くされており、いずれもRIDが低く、乳児に悪影響はなかったという報告が多い。妊娠後期にパロキセチンを服用したときに新生児不適応症候群(PNAS)が出現することがあるので、分娩後、注意深く児を観察する。

産後早期は母乳育児が軌道に乗るまで母体の負担を考慮する。母体の症状や育児環境に配慮して、過度に母乳育児を推奨しないように注意。

【参考資料】日経DI 2020.01