薬剤師ドリブン

薬局薬剤師の稿本とたまに役に立つ資料

【稿本】高齢者の咳の原因とは?

COPDは喫煙や職業について問う。
肺炎では呼吸数や心拍数の増加が見られる。
結核を疑ったら体重減少、食欲不振、寝汗、血痰を確認。

咳と「+α」を考える。逆の「この症状がない」ことも役立つ。日本呼吸学会の「咳嗽・喀痰の診療ガイドライン2019」では、咳の持続時間により3週間未満を「急性咳嗽」、3週間以上8週間未満を「遷延性咳嗽」、8週間以上を「慢性咳嗽」と分類。頻度が高い慢性咳嗽の原因疾患ベスト3は、GERD、咳喘息、後鼻漏。ACE阻害薬の副作用にも注意。

倦怠感が残る場合は肺炎が適切に治療されているか、相互作用・アドヒアランスにも注意。安静時に息苦しいのであれば緊急性が高い。「横になると苦しい」は心不全の特異的な症状。環境要因からアレルギー性を考える。ニューキノロン結核をマスクするので注意。高齢者、ステロイド内服、生物学的製剤使用に結核注意。一般的な症状としては、寝汗、意図しない体重減少、2週間以上の咳、食欲低下、血痰など。「高齢者の体調不良を見たら、薬剤性と結核を疑う」

●参考資料 日経ドラッグインフォメーション、2019年10月