薬剤師ドリブン

薬局薬剤師の稿本とたまに役に立つ資料

【稿本】廃棄医薬品の現状と問題点

7つの保険薬局を運営している法人が2016-2018年度の廃棄医薬品の薬価金額・傾向、問題点について検討。3年間での廃棄医薬品は薬価金額で2,174,514円だった。薬効分類では高額だった順に「その他の腫瘍用薬」「あへんアルカロイド系麻薬」「精神神経用剤」「合成麻薬」など。

傾向としては高額薬価の医薬品の経過措置、麻薬譲渡規制、栄養剤の期限の短さ、先発医薬品の併売品など制度上の問題も多い。

【出典】
中谷浩子,医薬品廃棄の記録から,社会薬学 Vol.38 Suppl. 2019