薬剤師ドリブン

薬局薬剤師の稿本とたまに役に立つ資料

【稿本】余命が短い高齢がん患者の減薬を考える

高齢者のポリファーマシー解消のアプローチは色々ある。

例えば
①「高齢者の安全な薬物療法ガイドライン2015」の「特に慎重な投与を要する薬物のリスト」などにある薬について検討する方法
②患者の症状から不要な薬や副作用が気になる薬を検討する方法
③いったんリセットしてゼロベースで検討する方法

ーなどがある。

まずは、飲めていない薬に着目して、服用できていないのに状態が安定していれば、いったん中止も検討。

次に有害事象を起こす可能性が高い薬(潜在的な不適切処方:PIMs)について検討。今、問題を起こしている薬に関しての方が、医師に提案しやすい。例えば転倒リスクを高める薬(FRIDs)と呼ばれるものには注意する。代表的なものとして睡眠薬抗不安薬抗精神病薬、降圧薬、抗ヒスタミン薬などがある。フロセミドによる低カリウム血症、糖尿病治療薬による低血糖にも注意する。

対症療法と予防的投与についても考える。対症療法は症状の有無で必要性を考える。予防薬はTTB(time to benefit)という概念で考える。余命が短い患者にTTBが5年以上の薬を服用するメリットは小さい。

今まで服用していた薬を一挙にやめると、患者は医師が諦めたと思うことがある。エビデンスにのっとって1剤ずつ必要性を検討することは大切だが、必要性だけで整理をすることが良いとは限らない。患者の気持ちや薬に対する思い入れなど、総合的に判断する必要がある。

●参考資料:日経DI2019.08

画像1