薬剤師ドリブン

薬局薬剤師の稿本とたまに役に立つ資料

【稿本】発売前に新薬の情報を得るには?

1.薬価がどのように決まったかを調べる

新薬の類似品がなければ原価計算方式、類似品があれば、それとの比較で補正加算が決まり(類似薬効比較方式)、薬価が決定されます。

補正加算には最も高い「画期性加算」、「有用性加算Ⅰ・Ⅱ」、「市場性加算Ⅰ・Ⅱ」、「小児加算」、「先駆け審査指定制度加算があります」。

中医協の資料は膨大ですが、「薬剤名 補正加算 中医協 資料」で検索すると資料が見つけやすくなります。

またインタビューフォーム(IF)や審査報告書/再審査報告書には添付文書では分からない情報も掲載。RMP(医薬品リスク管理計画)も有用です。
PMDAのサイトにある「医療用医薬品 情報検索」のページを活用します。

2.IFや審査報告書、RMPを読み込む

インタビューフォーム(IF)や審査報告書、RMP(医薬品リスク管理計画)には添付文書に記載されていない情報が掲載されています。

情報量が膨大で読み込むのはたいへんですが、薬剤の知識が深まります。

【参考資料】
NIKKEI Drug Information 2019.03,p047