薬剤師ドリブン

薬局薬剤師の稿本とたまに役に立つ資料

【稿本】フルオロキノロン系抗菌薬の大動脈瘤・大動脈解離に対する注意点とは?

1.フルオロキノロン系抗菌薬と大動脈瘤・大動脈解離について
フルオロキノロン系抗菌薬の内服開始から60日以内は、大動脈瘤・大動脈解離を発症するリスクが2−3倍程度上昇する。発症率は年間1000人あたり1.2件と見積もられた。投与直後10日間に発症したケースが最も多かった。

2.なぜ大動脈瘤・大動脈解離がおこるのか?
大動脈壁はⅠ型・Ⅲ型コラーゲンによって構成されている。フルオロキノロン系抗菌薬はコラーゲン分解が亢進した結果として大動脈障害が生じると考えられる。

3.どのようなことを注意すればよいか?
フルオロキノロン系抗菌薬の副作用として大動脈瘤・大動脈解離の発生頻度は非常に低いが、大血管障害の既往や未破裂の大動脈瘤の病歴を確認する。自覚症状として、腹部や胸部、背部に痛みを生じた場合は直ちに医療機関を受診するように、患者に指導する。

[参考文献]
日本薬剤師雑誌 第72巻 第4号 令和2年4月1日