薬剤師ドリブン

薬局薬剤師の稿本とたまに役に立つ資料

【稿本】50代で新規発症した喘息患者をどう管理・指導する?

気管支喘息は重症度と増悪の危険因子の評価をして基本方針を決定し、コントロール状況を評価しながら薬物治療を行い、危険因子と合併症の管理を進めていく。処方せんのみに基づく疑義照会と異なるアプローチができるか否かがポイント。患者個別の具体的なプランを出せるよう、日々に業務に「アセスメント→課題抽出→基本方針」のプロセスを組み込む。

【参考資料】日経ドラッグインフォメーション2019.02

喘息患者の管理・指導