薬剤師ドリブン

薬局薬剤師の稿本とたまに役に立つ資料

【稿本】アモキシシリンにプロベネシドを併用する狙いはなにか?

梅毒治療でアモキシシリン水和物(AMPC)の有効性を高めるため。


AMPCは有機アニオントランスポーター(OAT)1,OAT3を介して尿細管上皮細胞に取り込まれて排出される。プロベネシドはOAT1,3の代表的な阻害薬であり、細胞内へのAMPCの取り込みを阻害することでAMPCの血中濃度時間曲線下面積(AUC)などを上昇させる。


1期、2期の梅毒患者に対してAMPC1g/回とプロベネシド250mg/回を1日3回、2週間継続服用させた場合の治療成功率が高かった。

●参考資料-日経DI2019.08