薬剤師ドリブン

薬局薬剤師の稿本とたまに役に立つ資料

【稿本】百日咳の薬物療法とは?

百日咳の治療はマクロライド系、5日間が基本。百日咳は、特有の痙攣性の咳発作を特徴とする急性気道感染症。百日咳菌の飛沫により感染する。潜伏期間は7-10日間。鼻水や軽い咳が1-2週間つづいた後、咳が悪化し、特徴的な咳発作が2-4週間つづく。その後1-2週から数カ月で咳がおさまる。発熱を伴わないのが特徴。

「小児呼吸器感染症診療ガイドライン2017」では1週間以上の咳を認めかつ、吸気性笛声、発作性の連続性の咳、咳嗽後の嘔吐、無呼吸発作の4つの症状のうち1つ以上あれば、臨床的に百日咳と診断する。

治療はマクロライド系抗菌薬のクラリスロマイシン、エリスロマイシン、適応外でアジスロマイシンなどが使われる。学校への出席停止期間は特有の咳が消失、または5日間の抗菌薬による治療終了までとされている。

【参考資料】日経ドラッグインフォメーション2019.03