薬剤師ドリブン

薬局薬剤師の稿本とたまに役に立つ資料

【稿本】飲み忘れのメカニズムを理解し、効果的な服薬指導につなげるには?

飲み忘れには「飲むように言われたけど、飲まなくていいんじゃないか」などと考える人と「絶対に飲もうと思っていたのに、飲み忘れてしまった」という人に分けて考える。

飲み忘れをなくすということは、不安を感じていない人たちに、いかに不安を植え付けるか、とういうこと。飲まなかったら、いつ頃、どうなる可能性があるのかをきちんと説明して、飲まないことに対する不安を感じてもらうことが必要。薬を飲むタイミングを想起してもらうためのトリガーを上手に設定・提案することが重要。

認知症の場合は、早めにルーチン化するとよい。

●日経DI2019.12、P032-034

画像1