薬剤師ドリブン

薬局薬剤師の稿本とたまに役に立つ資料

【稿本】かかりつけ薬局が取り組むサービスに対する住民の意識とニーズに関する研究

かかりつけ薬局や健康サポート薬局に期待するサービスとは?
年齢・性別によってニーズが異なる。禁煙・栄養・予防に関するサービスは男性より女性が好意的だった。年金や福祉に関する相談事は40-50代で積極的に利用したいという回答が多かった。母親が薬や病気の情報源として薬局・薬局薬剤師を認識していないので潜在的なニーズを見極める必要がある。24時間対応は若い世代ほど必要性が実感している。

どのくらいの金額ならかかりつけ薬剤師に払ってくれるか?
全体では488.1円、中央値では200円の追加であれば、かかりつけ薬剤師のサービスを利用ようとの回答を得た。現在の調剤報酬点数は妥当なところだろう。

かかりつけ薬剤師制度への意見は?
相談しやすくなってありがたいし、追加の負担は当然という意見は性別では男性、年代別では20-30代で有意に多かった。だが肯定的な意見は最大でも20%未満のため評判がよいとはいえない。

※中島理恵 かかりつけ薬局が取り組むサービスに対する住民の意識とニーズに関する研究 社会薬学 Vol.37 No.1 2018