薬剤師ドリブン

薬局薬剤師の稿本とたまに役に立つ資料

【稿本】目薬の服薬指導

点眼剤は1滴滴下すれば、あふれるくらいの量である。1本で100滴ほど使える(1滴あたり50μL)。

防腐剤の塩化ベンザルコニウム(BAK、BACともいう)に注意が必要。角膜上皮障害を起こすことがある。なるべくBAKフリーを使う。ヒアレインはBAKフリーになった。

緑内障の治療の中心は眼圧低下、そのために房水の産生と排出のバランスが重要。房水産生抑制はβ遮断薬と炭酸脱水酵素阻害薬(CAI)、房水排出促進はプロスタグランジン関連薬(PG),α1遮断薬、交感神経刺激薬。PGでコントロール不良の場合、β遮断薬のミケランLAを追加。

ドライアイには水分やムチンなどを増やす点眼薬が選択。まぶたをぱっと開いたときに眼表面が乾きがあれば、ジクアス、ムコスタ共に著効。水分減少ならジクアスが効果的。アレルギー性結膜炎にはオロパタジンかエピナスチンが多い。1日2回のエピナスチン0.1%の高用量製剤が発売予定。

2種類以上の点眼薬の指し方に明確な決まりはないが、
①効かせたい方を後
②懸濁性の点眼薬は後
③油分の多い眼軟膏は後、5分以上の間隔をあける。5分間隔が難しいなら食事の前後で分けてもよい。
懸濁性製剤は立てて保存するなど保管方法にも注意する。